Frequently Asked Question

固定種・在来種って何?普通の野菜とどう違うの?

固定種・在来種とは、分かりやすく言うと「昔からある土地土地の野菜や、交雑したものを何代か育てて特徴が揃うように"固定"した野菜。」を言います。現在、一般に流通している"普通の"野菜の多くは「F1種」という一代雑種です。F1種は言わば品種改良を受けた、品質のいい野菜のクローン群で、見た目が均一に揃い、生育スピードがはやいのが特徴です。ただし2代目以降は単なる雑種に戻るので、自家採種には向きません。また大量生産に向いてはいるものの、クローンだけに病害虫が広がると一気に全滅する場合もあります。

固定種・在来種は、見た目も生育スピードもバラバラですが、遺伝子の多様性が保たれ、健全に子孫を残すことができます。またF1種よりもその野菜らしさが良く出た味になり、おいしい!と僕は思っています。さらにこのままF1種だけが氾濫していくと、地場で伝統的に育てられてきた固定種・在来種・伝統種の多様性が失われてしまうのではないかと、僕は危惧しています。また、このようにマイナー種を扱う農家だって、少しは必要だと思うのです。

そんなわけで、風天の野菜のかなりの割合が固定種・在来種になっています。ただし僕はF1種を全否定しているわけではありません。生育の良さには驚くものがありますし、おいしいものもたくさんあります。結局、僕の判官びいきなのかもしれません(笑)。